FC2ブログ

Maybe I'm a Dreamer.

Since 1984.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年最後の更新2(笑)

★今年の3大ニュース★

3位 就職活動で5キロもやせる
去年の今頃から初めて、今年の5月までやっていたのだから、
よく考えると結構時間の無駄遣いをしてしまった。
これで、思い通りの会社に決まっていなかったらさぞ辛かったことだろう。

2位 初めて海外へ行く
研究室のエキスパートと共に韓国へ。
宮殿建築、焼肉、韓定食、南大門市場、東大門市場etc...
とても元気になって帰国したのが印象的。
客員研究員の方にも多くのアドバイスをいただいた。感謝。

そして、衝撃の第1位は・・・


ゴゴゴゴゴゴ。。


1位 初めて救急車・入院を体験する
忘れもしない9/17の夜、家で脱水症状と高熱で倒れた。
3日間点滴だけだとか、ひたすら眠り続けなくてはいけないだとか、
もうあんなことは二度とやりたくない。
そしてあれ以来、自分の体力に自身がもてなくて困っている。。

健康の大切さを、人事ではなく強く実感。

その教訓から来年は健康であることを目標にしたいと思う。
マラソンなどで心身ともに鍛えよう。


そして最後に、この一年間この戯言ブログにお付き合いくださったみなさん、
どうもありがとうございました。
来年が皆さん(と僕)にとって、良い一年となりますように!!
それでは、良いお年を~!
bkn_1198773955464-2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 00:11:25|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年最後の更新

年の瀬まで学校に行った僕はエライ!
IMG_1000コラージュ2のコピー
(注:プライバシー保護のため画像は一部加工を施してあります。)

それにしても、研究室に誰もいないとやや寂しくはあるけれども、
周りを気にしなくても良いから作業がはかどったのも事実。

論文執筆は来年1月中旬くらいには終わらせて、
残りの時間は論文のそれ以外の作業にあてたいな。(にやにや)
しかし、果たしてどうなることやら…。
  1. 2007/12/30(日) 23:39:35|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

町並屋敷

江戸時代、町は“まち”であり“ちょう”であった。
現在よく使われる「町並み」という言葉も、江戸期においては「ちょうなみ」と読んだ。
そして「町並屋敷」は種々の家作規制によって縛られていた。
庶民は質素倹約を旨とすることを幕府から命じられていた当時は
家を飾りつけることなどもってのほかであった。
(注)家作:建物を作ること

さて、幕末から150年後の時は平成。ミサイルも迎撃できる時代である。
建築基準法や消防法、住居地域による規制など、
建築を作る前に縛られる法規は多いものの、
作ったあとの家をデコレーションすることについては、
公共の福祉に反しなければ(常識の範囲内で)基本的には何をやってもOKなのだと思われる。

この時期、
「ちょうなみ」にはクリスマスを演出した家々が観られる。
僕の家の近所にも、
イルミネーションで町行く人々を楽しませてくれる家がチラホラとある。
IMG_0698-2.jpg
IMG_0976-3.jpg
あれはよく考えてみると、
道行く人に無償でちょっとした感動を与えてくれるのだから、慈善事業とも言えるのではないか。
電飾で華やかに飾られた家を見て、不快に思う人はいないだろう。
これらは、昔読んだ芦原義信の『街並みの美学』やアレグザンダーの『パタンランゲージ』にも
何か通じるものがある気がする。

平成の町並屋敷も捨てたものではない。
江戸と平成をつなぐまさかの大胆な結論に…。
IMG_0980-3.jpg
  1. 2007/12/18(火) 18:45:06|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちりとてちん


A子:わたし… 草々さんのこと、好きになってしもうた

    A子キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

今回の朝ドラは過去最高のおもしろさなんだけど、
A子に草々さんまで取られたら、B子がかわいそうだなー。。
  1. 2007/12/11(火) 18:50:26|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉 2007 PARTⅢ

今年見た中でも、大事な紅葉スポットを忘れていた。
IMG_0245.jpg
関東(ただし鎌倉は除く)ではめずらしい一連の建築がそろった禅宗寺院・平林寺。
中心軸に配置された建築自体はプロポーションが悪くてダサいものの、
(ただし、山門・金堂は17世紀中ごろ・寛文期のもの)
その広大な境内に植えられた木々が素晴らしい。

一周すると2.5kmの境内を写真を300枚強取りながら、2時間かけて周る。
IMG_0255.jpg
IMG_0271.jpg
中には、川越藩主松平伊豆守信綱一族の墓所ゾーンがあって、
墓石の連続したその光景は圧巻というかすさまじいものがあった。
写真は載せません。どうかご自分の目でお確かめください。
IMG_0282.jpg
境内には、紅葉のトンネルのような道が延々と続く箇所があって、
その中に長時間いたものだから、
少しくらいの紅葉では飽き足らなくなってしまった。
IMG_0299.jpg

来年、もし関東にいたら是非また行ってみたい紅葉スポットでした。
IMG_0440.jpg

  1. 2007/12/09(日) 22:03:40|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉 2007 PARTⅡ

IMG_0185.jpg
続いては、埼玉は吉見百穴。
ここは、その名の通り丘にたくさん開いた穴が有名。
しかし、予想外に紅葉も美しかったので撮影。
IMG_0222.jpg
中には、こんな↓ドラクエのような洞窟も。
IMG_0220.jpg
IMG_0193.jpg
中に入ると、かなり怖かった。一人では行きたくない。
ずっと先まで暗闇が続く。
続きを読む
  1. 2007/12/09(日) 10:48:56|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉 2007

紅葉を見に行って写真を撮るのが好きで、
デジカメを買って以来、
毎年、綺麗な紅葉スポットを探すことに余念がない。

去年は紅葉まっさかりの京都見物という最高の贅沢をしたのだが、
今年は精神的・時間的余裕がなく京都へはいけず。

その代わり、近所にも素敵な紅葉スポットがあることを発見。
今年の紅葉も、もうおしまい。
今回は今年見た紅葉を一挙公開!!

続きを読む
  1. 2007/12/09(日) 10:21:48|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。