FC2ブログ

Maybe I'm a Dreamer.

Since 1984.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三田寺町の研究は終わらない。

「さみしいお話」だと言われた僕の修士論文だが、
本当はさみしくはない。
華やかな寺も存在していた。

昨日は、そのなかの一つ島津家の江戸での菩提寺・大円寺を見に、
杉並区へ行って来た(大円寺は近代に三田から移転して杉並区へ)。
IMG_1067.jpg

江戸のものがどれくらい残っているのか未詳だが、
島津という名家の寺だけあって、葵紋や島津紋が各所に見られた。
そして大規模な本堂は入母屋造りで、漆喰塗りの妻面などは非常に斬新であった。
IMG_1077.jpg
実測してみたいかも(嘘)。

墓地には大名家ゾーンが存在しているのだが、
そこにあった五輪塔がやけに巨大で、ものすごく怖かった。
権力の誇示というよりも、不気味さが勝っているような…。


このように(←どのように?)、
社会人になっても僕は建築史(江戸に限る)を趣味で続けていきたいと思う。
例えるなら、「時効警察」でオダギリジョーが時効になった事件を趣味で解決していたようなものか…。
そして、それは決して淋しかったり、暗かったりしてはいけなく、
明るい建築史でなくてはならない。
歴史=おっさん、という図式から脱却しなくては。

「明るい建築史の会」会員は随時受付中デス!
スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 18:35:08|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沖縄旅行1 | ホーム | 斎藤さん、篤姫、未来講師めぐる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://whoinside1984.blog117.fc2.com/tb.php/59-401469c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。