FC2ブログ

Maybe I'm a Dreamer.

Since 1984.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ecole de Paris 2

パリ到着は、現地時間で夕方五時。
これは日本時間では、深夜1時。
IMG_2315_convert_20080320220704.jpg
シャルルドゴール空港の到着ロビーへ続く動く歩道。フランス臭い。


飛行機での12時間はほとんど寝ていなかっただけに非常に眠い。
シャルル・ドゴール空港から送迎タクシーでホテルへと送ってもらって
チェックインを済ませたら、すぐにでも寝たかったのだけど、
相方が、街へ繰り出す気満々とか言っているので、仕方なくそれに付き合う。

歩いて15分くらいのところにあるオペラ・ガルニエへ。
その巨大さ、豪華さを見て一気に目が覚める。
IMG_2358_convert_20080320215424.jpg
街中にこんな建築が普通に建ってるなんて、パリすげ~!
IMG_2353_convert_20080320215612.jpg
↑しかし、街中も普通じゃない!
そもそも、町並みが日本と全く違う!
全ての建物が歴史建築で、カオスの境地に達している東京とは全然異なっている!
高さも意匠も揃っていて、まさに調和されている!う、美しい!
パリに外科的手術を行ったオースマン、恐るべし!

ばかりになってしまったが、この驚きを例えるならば、
プレイステーション移植初となったファイナルファンタジー7(FF7)が、
オープニングの最初の4秒で既にFF6の全要領を超えているかのよう。
もちろん、FF7がパリでFF6が日本の都市を表す。
(ただし、この認識はパリで日数を過ごすうちに、訂正されていく)

 ・・・

この日はオペラ座だけ見てホテルへ戻り就寝。19:00くらい。

夜中、随分寝たと思って目が覚めると、まだ深夜0時(日本では朝8:00)。
そこから朝食の朝7:00まではまったく眠れず、時差ぼけをもろに体験。
うーん、体は日頃のリズムをしっかり覚えているんだなー。
この時差ぼけは、日に日に解消していったのだが、
帰国したあとは、逆に向こうの時間に体が反応していたのはおもしろかった。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/20(木) 22:15:21|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Ecole de Paris 3 | ホーム | Ecole de Paris>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://whoinside1984.blog117.fc2.com/tb.php/63-07fe28b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。