FC2ブログ

Maybe I'm a Dreamer.

Since 1984.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Wishing You A Wonderful New Year..

おひさしぶりです。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
この3ヶ月間は、寝ても冷めても仕事仕事で、ブログを更新する気も失せていました。
放置プレイも良いところです。

今回は、この三ヶ月を簡単にレビューしてみたいと思います。
DSC_0805_convert_20090124222616.jpg
Nikon D90 sRGB 18mm F/3.5 1/8秒 ISO-900 2009/01/03



まず、11月には結婚式に初めて招待された。
そこで、みんなから祝福され幸せそうな友人を見て自分も結婚したくなる。
僕は学生時代、ホテルニューオータニでいくつかの結婚式を見てきたが、
それらと比較しても温かみのある大変良い式だった。
まあ、そこは新郎のあくび君のキャラクターに因るところが、
かなり大きいのではないかと分析している(にやにや)

そして、結婚式@長野 の帰りの新幹線の中で客観的に自分を振り返ったときに、
小さい頃はある意味当たり前だと思っていた結婚するということ(=普通の幸せをつかむということ)がいかに難しいことであるかを実感。
今年こそ、そのきっかけを掴みたい(しみじみ)。。

続いて、12月には入社後初めて、いわゆるボーナスをもらう。
世の中では不況が叫ばれているが、弊社は公務員なので、結構な・・・。
そして、前々からボーナスで買おうと決めていた一眼レフを購入。
 Nikon D90 18-105VR Kit
価格.comで最安値の店を探して、105,000円也。
個人的には凄く良い買い物をしたように感じる。
コンパクトデジカメとは違って
1枚の写真を撮るのにも、色々と考えなくてはいけなくて、撮り甲斐があるというもの。
今まで使っていたCanon IXY 900ISのおかげで、写真を撮るのが好きになった僕だが、
やはり1眼レフで撮影したあとにコンパクトで撮ると、その違いは歴然。
このカメラで日本中、色々なところに繰り出すのが今年の1つの目標。

さらに、年末年始にかけて入社後初の9連休。
(GWのときは研修中で水戸駅や車掌・運転士の実習を慌ただしくこなしていて
休みがなかったのです。)
久しぶりに気を急かすことなくゆっくりと過ごすことができた。

そして、年があけてから今に続く仕事ラッシュだからやられてしまう。
連休でゆっくりし過ぎた分、そのギャップを埋めるのには苦労した(ハアハア)。

体力的にきついわけでもなく、それほど頭を使う難しい仕事なわけでもないのだが、
僕らがやっている仕事は、発注者としてのものづくりの総合プロデューサー的な位置づけなので、
関係各所に指示したり、根回ししたりするのがメインとなる。
そんななかで、指示したとおりにやっていなかったり、受注者から食って掛かられたりと
世の中の荒波にそんなに揉まれてこなかった温室育ちの新人yoshiki102%にとっては
精神的に結構つらいのです(ゼイゼイ)。

そんななかで先週14日には、25歳の誕生日を迎える。
もう四捨五入したら30ですよ。早いなあ。

そして、25歳となった次の日(15日)には配属されて初めての夜間作業を経験。
今年一番の寒さという日に、水戸駅ホームで工事監督的なことをやったのだけど、
ホーム上家の樋からはつららがぶら下がっていましたよ。
天気予報によると、あの日の水戸は-6℃だったらしい。
ガキの頃飲んで鼻血が出たユンケル皇帝も、25歳の今なら飲めるようになりました。
というか、夜間作業はユンケルくらい強力なの飲まないと体力的に持たないんじないかと思った。

といっても、夜間作業が明けると次の日は非番となり、
平日なのに寮でゆっくりできるのはちょっとした優越感。
まあ朝7時頃帰ってきて、お昼頃までは寝てしまうのだが。
じつは、明後日また夜間作業。
今度は1本1000円くらいするユンケル皇帝ロイヤルに挑戦するゼ!

あと、結構重要なこと忘れてた。
昨年10月頃、研究室の先輩・中村さんからありがたいお話をいただく。
昨年度書いた僕の修士論文が港区教育委員会で本にしてもらえるという話。
結構、書き換えた部分もあって、仕事の傍らの執筆作業は辛かったが
先週でやっと僕の手を離れた。
年度末に完成予定で、全国の図書館などに送られるらしいので、
機会があればみなさま手に取ってください。
タイトルはずばり『三田寺町の江戸建築-都心に息づく江戸時代の町と建物-』
ちなみに、販売もします。

今回、執筆作業をしてみて、久しぶりに研究することの楽しさを思い出した。
修士論文は、正直本気で書いたもので、
1年前の段階では自分としてはあれ以上のものは書けないと思っていたのだが、
1年経って改めて読み返すと、結構ボロがでたり、新たな視点が見付かったりした。
やはり会社で誠実に働きながら定額のお給料をもらえるという道も捨てがたいが、
その一方で自分の興味や好奇心に突っ走り研究を行う研究者の道というのも魅力的に見えてきた。
まあ、隣りの芝生は云々と言うけれど・・・。
同期で大学に戻るために辞める予定の人もいるし、
ここら辺の話は、これからも真剣に考えていきたい。
でも、色々な意味で今はまだ辞め時ではない。


とまあ、そんな感じの3ヶ月でした。
今年は何回更新できるか、不明ですが、
今年の僕は「如才なく生きる」を目標に掲げていますので、みなさまどうかお手柔らかにお願いします。
今年が皆様にとって良い年になりますように。合掌。



スポンサーサイト
  1. 2009/01/24(土) 21:59:48|
  2. 空間 建築 都市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<雪の日光。 | ホーム | 逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。けど逃げたい。>>

コメント

yoshikiさんすげー!!!
本出版ですか。
もちろんワタクシメも購入いたします。
本の1ページ目にサインください。うらやましいな~。
仕事以外にもきらりと光るyoshikiさんすごい!!!
  1. 2009/01/25(日) 22:15:45 |
  2. URL |
  3. keita #-
  4. [ 編集 ]

>keitaさん
ありがとうございます。
サインでも何でもします。
もう少々お待ちください。
  1. 2009/01/25(日) 23:02:12 |
  2. URL |
  3. yoshiki102% #-
  4. [ 編集 ]

vMnYGrMyEXPNzvhoP

febnuw <a href="http://aqgxbntbhimw.com/">aqgxbntbhimw</a>, [url=http://vxquzgykepqg.com/]vxquzgykepqg[/url], [link=http://qsacbycuvlcg.com/]qsacbycuvlcg[/link], http://smvqplnozflm.com/
  1. 2013/05/04(土) 09:50:19 |
  2. URL |
  3. amfynhwlbtg #MXKnn9rE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://whoinside1984.blog117.fc2.com/tb.php/79-4641eef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。